ドラマ

『ニッポンノワール』第1話のネタバレ感想!嵌められまくる賀来賢人は今後どうなる!?

ニッポンノワール

2019年10月13日に始まった賀来賢人主演のドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐

しろい
しろい
第1話についてまとめてみたよ!

 

【第1話】笑えねぇ日々の始まり

記憶をなくした遊佐清春(賀来賢人)が目覚めると、傍には死体が!?

『ニッポンノワール』第1話のあらすじやネタバレ、感想をまとめました!

『ニッポンノワール』第1話のあらすじ

記憶を無くした清春と上司の亡骸

一軒の山小屋で目覚めた遊佐清春(賀来賢人)

彼の手には拳銃、傍には女性刑事である碓氷薫(広末涼子)の亡骸が…そのうえ、ここ数ヶ月の記憶が飛んでいる。

自分が殺した可能性が高いが何も思い出せない状況に苛立つ清春は一言…

笑えねぇ」

清春は、自分がいた痕跡を消し去り小屋を後にする。

全員から疑われる清春

すぐに警察からの呼び出しがあり、今度は「警察」として薫の亡骸がある小屋へ向かうことに。

薫が死亡したのは2日前と判明し、その間無断欠勤をしていた清春はもちろん疑われる。

以前から「警視庁のガン」と称されていたこともあり、警察一同から疑いの目で見られてしまう。

薫の一人息子である碓氷克喜との出会い

亡くなった薫には克喜(田野井健)という名前の1人息子がいた。

捜査一課長の南武(北村一輝)から克喜の世話を任される清春。

この出会いが大きな運命の始まりとなる…

薫の死と大きく関わる「十億円強奪事件」

薫殺害事件のを捜査していくうちに、薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と
の繋がりがあることが発覚。

「十億円強奪事件」は警察関係者が犯人に関わっていることが分かり、この事件を捜査中に薫は殺害されたようだ。

しろい
しろい
ここまでで第1話の5割が終了!

続きが気になる方はこのまま読み進めてください。(ネタバレ注意)

『ニッポンノワール』第1話のネタバレ【ざっくり】

「十億円強奪事件」の真実

清春と別れた克喜が家に帰宅すると、部屋が荒らされていた…

タンスに隠れる克喜だがそこに現れたのは、警視庁公安部からヘルプにきていたエリート警察官である才門要(井浦新)。

彼は、新人の頃の清春に警察のイロハを教えた人物であった。

そこにタイミング良く現れた清春は、要の背後から銃を突きつける。

互いに話し合うことでその場は落ち着いたが、新たな真実を要から教わる。

実は「十億円強奪事件」の犯人は4人いたのだが、同時に銃を撃ち合ったことで4人とも死亡していた。さらに、10億円の在処はまだ判明していないのであった。

その10億円の在処を知っているのが5人目の犯人かつ警察内部の人間であり、薫はその犯人に殺されてしまった可能性が高いとのこと。

また、薫の家を荒らした犯人の痕跡である「清春の吸っているたばこと同じ銘柄の吸い殻」があることで、克喜にも怪しまれる清春であった。

部屋を荒らした犯人が発覚

清春はベルムズの元リーダーである貴志正臣(栄信)に、部屋荒らしのアリバイを作るためのフェイク映像を造らせると共に、職場の防犯カメラに映っていた人物が犯人だと確信する。

克喜に頼まれ薫の死んだ場所である小屋へ連れて行くことに。

すると、何者かに足下を銃で撃たれる2人。

なんと発砲してきた相手は清春の後輩である名越時生(工藤阿須加)

職場の防犯カメラに映っていたのは、名越が清春のデスクからたばこを盗んでいた様子であった。

清春と名越は本気で殺しあうが、名越がこの行動を起こしたきっかけは警視庁捜査一課・理事官の本城諭(篠井英介であった。

本城に嘘を吹き込まれた名越が、清春を犯人に仕立てて̪恨みを晴らそうとした行動であったのだ。

「人殺し」と親に呼ばれ続けていた清春

殴り合いの末、清春は名越が謝っても馬乗りになり殴り続ける。

ここで過去の映像に移り変わる。

清春は生まれた頃から人殺しと父親に言われ続け、生きるためには何でもした過去を持っていた。

「おまえは豚だ・・・家畜は食われろ!」と名越を殺そうとしたところを、克喜が銃を発砲したことで我に返る清春。

殺し合いの様子をずっと見ていた克喜は、名越の話や清春の狂気から母を殺したのは清春だと疑う。

目が覚めたら隣に薫の亡骸があったことを含めた真実を克喜に話し、自信を撃つか撃たないかという選択を与える清春。

「どんなことがあっても生きろ

這いつくばってでも、明日を生きろ 全てはおまえ次第だ」

そう言う清春は、薫の言葉を思い出し克喜に話す。

ここまで異様に冷静でいた克喜は、母である薫の顔も思い出せない、避けられていたと感じていた。

しかし冷静であった克喜は、清春から薫の言葉を聞いたことで泣き叫ぶ。

「真相を知りたければ、俺に着いてこい」

そう言った清春は克喜の手を握り、犯人だと思ったときは俺を撃てと話す。

さらに嵌められた清春

清春の家に帰り、2人でカップラーメンをすする。

すると外に怪しい人影が…。

連れて帰った名越と話し、傍にある棚を開くとそこには怪しい封筒があった。

中には「十億円強奪事件」に使われた銃と計画書が。

「十億円強奪事件」の真犯人と怪しまれ、窮地に立つ清春。

外には家を囲っている警察が…。

『ニッポンノワール』第1話の感想

・1話目から見入ってしまう話の濃さ

・上手く嵌められて怪しい要素しかない清春の今後の行動が気になる

・『3年A組』とどこまで関わりがあるんだろう

・こども店長で有名の子役「田野井健」演技のギャップがすごい…

非常に見入ってしまった…

絶体絶命の状況からどのような行動をして、真犯人を探し出し巻き返すのか楽しみです。

克喜役の子、どこかで見たことあるな~と思ってTwitterで検索すると↓

こども店長か!!となりました(笑)

『ニッポンノワール』第1話 みんなの感想は?【Twitter】

 

 

 

2019年秋ドラマ 注目ドラマと人気予想

こちらもチェック↓

2019年10月秋ドラマ
【2019年10月秋ドラマ】個人的に注目しているドラマと人気予想!もう少しで秋ドラマが始まりますね~ 今期も面白そうな作品が勢ぞろい! 今回は、僕らが注目している作品の紹介と勝手に人気を予想...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA