美容

【歯科矯正】メリットだけじゃない!経験者がデメリットも紹介

どうも!しろいです。

 

「歯科矯正にもデメリットなんてあるの!?」

タイトルを見てこう思いませんでしたか?

一般的に「歯科矯正」といえば、「歯並びを綺麗にする」という最大なメリットがあります。

ですが、その最大のメリットに目が行くあまりデメリットを知らない方が多いことでしょう。

今回は、歯科矯正で綺麗な歯並びを手に入れた経験者が歯科矯正のメリット・デメリットについてお話します。

歯科矯正を始めようか迷っている方・不安のある方の参考になれば幸いです。

歯科矯正ってする意味あるの?メリットは?

歯科矯正によって何が得られるのか気になりますよね。

ちなみに、やる意味は大いにありますよ!

理由としては以下の2つです。

1.見た目が良くなる

「なんで?」「どんな変化があるの?」

実は、歯並びが変わるだけでその人の印象はガラッと変わるんです

・他人から見たときの変化

会話中や食事中などに、相手の歯並びがあからさまにガタガタな人って正直気になっちゃいませんか?

ちょっと清潔感が欠けるというか…。

歯並びが綺麗になると、それだけで清潔感が倍増します(*^^*)

なんでもそうですよね。お部屋だって、あちらこちらに物が散らばっていたらとても清潔とは言えません。

本来あるべき場所に物が整頓されていたら綺麗ですし、清潔感も溢れます。

顔の歪みも若干ですが解消されますよ(^-^)

輪郭もシュッとします。

・自分自身の変化

歯並びが汚いことによってそれがコンプレックスとなり、人と会話をしたり笑ったりすることに抵抗を抱くようになります。

つきしろちゃん
つきしろちゃん
現に私がそうでした…

しかし、コンプレックスが解消されるとその分自分への自信に繋がります。

今まで歯並びを気にして人前で笑えなかった人でも、綺麗になることで自信を持って笑顔を見せれるようになるのです。

笑顔は素晴らしいですよね。

明るい・元気・楽しいといった印象を与えるうえに、笑顔でいると若く見られます(*^^*)

そう、全てがプラスになるんです!

笑顔になれるっていい事ですよね♪♪

2.健康を保つための予防になる

皆さん「ひみこのはがいーぜ」をご存知ですか?

小学校の頃に習ったことがある人もいると思います。

「よく噛む」には歯が正しい噛み合わせであることが大切です。

正しい噛み合わせであるには歯並びが綺麗であること。

歯並びが綺麗=将来の健康に繋がる

と考えていいでしょう。

そして歯並びが綺麗だと歯のお手入れも楽になりますよ。

歯並びが悪いと、頑張ってブラッシングしたつもりでも歯ブラシが全体に行き届いておらず虫歯になってしまうことがあります。

歯磨きは毎日するものなので、磨きにくい箇所が多いとストレスが溜まるでしょう。

しかし、それも歯並びを直すことで改善されます(^-^)

歯科矯正で大変なことってある?デメリットは?

もちろん綺麗になるためには、メリットばかりではありません。

綺麗になるまでの過程で大変なことや苦労が多いといったデメリットも出てきます。

金額が高い

昔と比べればかなり安くなりましたが、やはり矯正しようと思ってすぐにお金が出せる金額ではないですよね。

特に学生さんには厳しい金額なのではないでしょうか?

歯科医院によっては分割払いも可能ですが、回数に制限があるので結局月々の支払額も安いとは言えません。

分割払いが出来るだけありがたいですけどね(笑)

 

治療期間が長い

矯正を始めても、すぐに綺麗になるわけではありません。

短くても2年はかかります。

保定装置の装着期間を合わせたら4年以上かかります。

残念ながら、「今すぐ直したい!!」というのは不可能です。

つきしろちゃん
つきしろちゃん
治療の決断はお早めに!!

 

抜歯する可能性がある

抜歯が必要になる理由

日本人の歯並びが悪い理由として最も多いのは、顎が小さいことです。

特に今の世代の若者達は、固い食べ物より軟らかい食べ物を食べることが増えてきており、顎が発達しません。

その為、歯の本数に対して顎が小さくなり、入りきらない歯と歯が押し合い歯列がガタガタになってしまうのです。

そこで抜歯をすることで、入りきらなかった歯を入れられるスペースを作るのです。

抜歯のデメリット

抜歯をする場所により、見た目が気になってしまいます。

奥歯を抜歯するのであれば目立ちませんが、前歯付近を抜歯するとなると、すきっ歯がとても目立ちます。

しかも、その隙間が埋まるまでには時間がかかってしまいます。

以上が抜歯のデメリットとなります。

強い痛みが何日間か続く

一般的にワイヤー矯正だと、ワイヤーを取り付けた日から3日間は強い痛みが生じると言われてます。

つきしろちゃん
つきしろちゃん
確かに3日間はとてつもなく痛かった(T_T)

日にちが経つにつれて徐々に痛みは消えますが、全く消えるわけではないので大丈夫と思って固い食べ物を食べるのは止めておいたほうが良いですよ(笑)

 

矯正期間中は食べ物、食べ方に注意が必要

これはワイヤー矯正の話になります。

歯科矯正期間中は器具の破損や虫歯の原因になることをなるべく避けるため、食べ物を食べる際には注意が必要です。

また、食品によっては食べる時にストレスが溜まってしまうようなものもあります。

注意が必要な食べ物

・ガム

・キャラメル                         

・グミ

・お餅

・固い食べ物

・前歯でかじって食べるようなもの

などなど……。

ガムやお餅のように歯に張り付きやすいものは、矯

正器具に張り付いてしまうと取れにくいです。

しっかり取らないと虫歯の原因になります。

また、グミやキャラメルなども矯正器具に引っかかったり、器具と歯の間に詰まって取れにくくなります。

お煎餅などの固いお菓子や骨付き肉、イカやタコのようなに強い力で引っ張ったり、噛み砕いて食べるようなものはブラケットが欠けたり、外れてしまう恐れがあるので注意が必要です。

私は「ガムやキャラメルは絶対に食べないで下さい。」と医師から言われました。

ストレスが溜まりやすい食べ物

・麺類

・繊維質のある食べ物

・お肉類

 

 

などなど……。

何がストレスになるかと言うと、

とにかく器具に引っかかるんです!!(泣)

何食べても引っかかるんですけどね(笑)

特にこの種類の食べ物が1番ストレスになるかと思います。

食べるたびに器具に引っかかるので気になってしまい、せっかく美味しい料理も美味しく食べられません。

特に繊維質の食べ物は引っかかるとなかなか取れなくてイラつきます。

矯正中でもストレスなく食べれる食べ物

・ゼリーやプリン、ヨーグルトなど噛まなくても食べれるもの

・うどんやお粥など柔らかい食べ物

・柔らかいパン

・お豆腐料理

・卵料理

などなど……。

他にも魚類や柔らかく煮込んだ煮物などもあります。

基本的には柔らかい食べ物が食べやすく、痛みも軽減されるのでオススメです。

私が矯正中によく食べてたのはゼリーとお粥です。

特にワイヤーを装着して3日間は痛すぎて噛むことさえできなかったので、ゼリー生活をしてました。

3日過ぎて徐々に痛みが和らいできたらお粥を食べるようにしてました。

お豆腐や卵も強く噛む必要がないので食べやすいと思います。

パンは噛みちぎるのではなく、手で小さくちぎって食べると食べやすいです。

もちろんフランスパンのような固いパンはNG!!

他の料理でも、小さく切って食べるほうが良いですよ。

頬張ってしまうと歯が痛くて噛めない、器具に食べ物が挟まるなど、いい事がないので気をつけましょう。

私はお粥を1番オススメします。

具材は自分の好きな物でOKですし、味を変えることもできるので飽きにくいです(*^^*)

お米が柔らかいので歯に詰まりにくく、器具にもそこまで引っかかることがないのでとても楽に食べられます。

 

おまけ。「これは常に持ち歩いていたほうがいい!」

矯正期間中に私が実際持ち歩いていた物を紹介します。

・手鏡

・爪楊枝

・歯間ブラシ

・お水

友達や恋人、会社の人など、誰かと外食した際に器具に食べ物が詰まっていたら恥ずかしいですよね。

見る側も嫌だと思います。言いづらいですし(笑)

自分も嫌ですよね。

なので、手鏡は常にカバンに入れておきましょう。

爪楊枝や、歯間ブラシは器具に食べ物が引っかかったり、歯に詰まって取りづらいときに簡単に取れるので便利です。

爪楊枝はたまに飲食店のテーブルに置いてあることがありますが、意外とありそうで無いものだったりするので自分で持ち歩く方がいいですよ!

私は化粧用の綿棒ケースに何本か入れてメイクポーチと一緒に常に持ち歩いていました。

矯正期間中でなくても、外食した時に持ち歩いてると便利だと思います。

お水は「口内を洗浄するため」的な感じですかね?(笑)

何度も言いますが、矯正期間中は非常に食べ物が器具に引っかかりやすいです。

そこで食べ物を流し込んだり、食べ終わった後に口内を濯ぐなど飲料が大切なアイテムになります。

お水を持っていれば、食事が終わった後にトイレなどでチャチャッと口を濯いで鏡で確認、爪楊枝や歯間ブラシで軽く掃除をすれば食後でも気にすることなく友達や恋人と遊べます(*^^*)

口臭が気なるようであれば、口臭ケア用のタブレットや、スプレーを持っていると良いですね!

つきしろちゃん
つきしろちゃん
ガムはNGですよ。

 

いかがでしたか?

歯科矯正をするメリット・デメリットのご紹介でした。

どうしてもデメリットの方が多く見えてしまいがちだと思います(汗)

しかし!歯は一生ものですからね!

綺麗になることに損はありません。

私は歯科矯正を始める時、メリットだけを考えて始めました。

確かにいざ初めてみたら凄く痛いし、食事は大変だし、見た目が気になるしデメリットが多く見つかりましたが……

それでも歯並びが綺麗になった今、人前で歯を見せて笑うことが出来るようになりとても楽しいです!

今では歯並びが綺麗な事が私の自慢です(*^^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA