美容

【歯科矯正】器具を付けてる期間は?~各施術法のメリット・デメリット~

歯科矯正の施術法と期間

こんにちは、しろいです。

私は歯並びが悪いことがずっとコンプレックスで2017年の7月に歯科矯正を始めました。

ここでは、私が約2年間の歯科矯正を通して得た知識と、歯科医師さんのお話をもと各矯正方法のメリット・デメリット矯正期間についてお伝えします。

これから歯科矯正を始めようか考えている方の参考になれば嬉しいです。

(※歯科矯正は、全て個人差があります。歯科医院によっても治療法が異なる場合があるので、軽い参考程度で読んで頂けたら幸いです。)

歯科矯正の種類

歯科矯正は大きく分けて3つあります。

ワイヤー矯正

上記で説明しましたが、歯の表面にブラケットという物を装着し、そこにワイヤーを繋げて歯並びを直していく治療法です。

メリット

・他の2つの治療法に比べて、比較的早く終わる

デメリット

・口内炎ができやすい

・笑ったときに器具が見える

・食べ物が歯に詰まりやすい

・歯磨きがしにくい

昔からある治療法で皆さんはきっとシルバーで目立ちやすいイメージがあると思います。

ですが今はブラケットとワイヤーを目立ちにくいクリアに変える事も出来ます。(歯科医院にもよりますが・・・)

ワイヤーを固定させるために、小さなゴムを付けるのですが、それも今では色々な色があり、あえてカラフルにする事で「かわいい!!」とお洒落を楽しむ方もいます。

・ゴムをクリアにすると、食べるものによっては、色移りし黄ばむことがある。(カレー、ミートソースなど・・・)

・ワイヤーをクリアにすると、素材の関係で普通のワイヤーよりも直りが遅くなる。(らしい・・・)

・ブラケットとワイヤーを目立ちにくいクリアに変えると、それぞれプラス料金が発生する。(これも歯科医院によります。)

裏側矯正

これはワイヤー矯正の裏側バージョンです。

歯の表ではなく、裏に装着することで人から見たときに矯正していると気づかれにくいので、この治療法を選ぶ方は少なくないのではないでしょうか?

メリット

・歯の裏にワイヤーが付いてるため、見た目では矯正してるか分からない

デメリット

・普通のワイヤー矯正よりも直りが遅い

・口内炎ができやすい

・食べ物が歯に詰まりやすい

・歯磨きがしにくい

「ワイヤー矯正」も「裏側矯正」も口内炎ができやすいです。口の中に異物を入れているようなものですからね(^_^;)

歯の形に合わせてワイヤーを装着するので、歯が動けばもちろんワイヤーも動きます。

その為、治療直後は違和感なくても、次の治療日までの間にワイヤーが歯茎に刺さるようになったり、器具に舌を引っかけてしまったりして、口内を傷つけてしまうことが多くあります。

マウスピース矯正

これは「ワイヤー矯正」とは大きく異なり、

歯型を採ってプラスチック性のカバーを作ります。

それを装着することで歯並びを綺麗にしていく治療法です。

メリット

・マウスピースは透明のため装着していても気づかれにくい

・取り外し可能なため、食事や歯磨きがスムーズにできる

・口内炎になりにくい

・金属アレルギーでも安心して治療できる

デメリット

・ワイヤー矯正に比べて直りが遅くなる場合がある

・毎月歯型を採らなくてはならない

・いつでも取り外しができてしまうため、サボってしまうといつまでも歯並びが綺麗にならない

・歯列の乱れがひどい方には不向き

・プラスチック製のため、強い圧力をかけてしまうと割れる(歯ぎしりする人などには不向き)

 

「マウスピース矯正」はメリットが多いですが、その分デメリットも大きいです。

「1日〇時間以上装着しなければならない」と言う医師からの言葉を守らなければ、いつまでも歯並びは直りません。

医師から言われたことをしっかり守って、なるべく外さないよう心がけることが大切です。

また、歯並びがひどい方や顎、骨格によってはマウスピース矯正が難しい場合があります。

マウスピース矯正は少しずつ歯を動かしていく矯正になるため、歯の移動範囲が大きくなる方には不向きです。

期間は??

器具を装着している期間は、基本的に2年前後と言われています。

元の歯並びは人それぞれ異なりますので歯並びが悪いほど直りは遅いですし、大したほどでなければ2年未満で器具を外せることもあります。

つきしろちゃん
つきしろちゃん
私は1年6ヶ月で外れました(*^^*)

人によっては3年、4年経っても外せない方もいるとか…(汗)

あとは、年齢によっても直るスピードが変わってくるようです。

年齢を重ねるにつれて直りが遅くなると歯科医師さんがおっしゃっていました。

遅くても20代前半から始めるべきだそうです。

私はギリギリでしたね(笑)

ただ、器具が外れた=矯正終了」ではありませんのでご注意を!!

矯正器具が外れると、その後に保定装置(リテーナー)という物を装着します。

これが基本的に装着するものになります。

リテーナーを装着しないと、せっかく綺麗になった歯並びが元に戻ってしまいます。

矯正開始からリテーナーまでの期間を合わせると4年以上かかるという事になります。

結構長いですよねー(^^;;

リテーナーは取り外し可能なので食事の時や歯を磨く時は外してOKです(^^)

補足

歯科矯正をして歯並びを直しても、永久に綺麗なままではありません。

元々歯並びが綺麗な人も、噛み合わせの良い人も年齢と共に変化しますから矯正治療した人でも同じ変化が起こるのは当然のことと言えます。

せっかく高い金額を払い、長い期間痛みに絶えて綺麗にしても戻ってしまったらショックですよね・・・(泣)

なので、リテーナーの装着期間が終了したとしても、自分の判断で夜寝る時だけリテーナーを装着するなどして歯並びを維持することをオススメします。

以上が歯科矯正の「メリット・デメリット」、「矯正期間」の紹介でした。

 

いかがでしたか?

矯正の経験をもとメリット・デメリットを書いてみました。

冒頭でもお伝えした通り、全て個人差があり、歯科医院によって治療法なども異なります。

自分に合った矯正方法を探してみてみてください(*^-^*)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA