ドラマ

『同期のサクラ』第1話のネタバレ感想!見逃し配信を見る方法も紹介

同期のサクラ

2019年10月9日から始まった高畑充希主演のドラマ『同期のサクラ』

しろい
しろい
第1話についてまとめてみたよ!

 

【第1話】2009年-入社1年目 馬鹿正直で忖度知らずなサクラ(高畑充希)

新人研修中なのに「忖度できない」サクラは社長に牙を剥く!?

『同期のサクラ』第1話のあらすじや感想、後半にはネタバレもあります!

見逃した方に向けて、無料で見る方法もご紹介!

『同期のサクラ』第1話のあらすじ・PV

後悔する4人の仲間

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。
4人の思いは皆一緒だった「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない・・・」

10年前:物語の始まり

その10年前の2009年、春―。大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。通行の邪魔をする若者にも忖度しない。「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて、写真を撮る。ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。人事部長・黒川(椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。

マイペースさに戸惑う仲間たち

式の後、3週間の新人研修の最終課題として配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表され、サクラは班のリーダーに選ばれる。同じ班になったのは、クールながら場の空気を読む百合、社長を目指す野心家の葵、応援部出身でアツい菊夫、そしてネガティブ思考の蓮太郎。4人を親睦会に誘ったサクラは志望部署を尋ねられ、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため、どうしても“土木部”に入りたいのだと自分の夢を語る。「花村建設で初めて出会った仲間なので」と5人で記念写真を撮るとさっさと帰ってしまうサクラ。表情はわかりにくいが熱いような、とらえどころのないマイペースなサクラの性格に4人は戸惑う。

祖父とのつながり

その夜。サクラは故郷の美咲島に住む祖父・柊作(津嘉山正種)に宛てた手紙をFAXしていた。その心の中は出会ったばかりの仲間とこれから始まる仕事に胸が高鳴っている様子で……。

新人研修の開始

翌日から、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導の下、ビジネスマナーや現場研修など厳しい新人研修を受ける。皆がクタクタになる中、サクラは空気を読まず最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかける。しかし、課題に向けた皆の意見はバラバラ。サクラはあるアイデアを出すが……。

しろい
しろい
ここまでで第1話の5割が終了!

続きが気になる方はこのまま読み進めてください。(ネタバレ注意)

『同期のサクラ』第1話を見逃した!?無料で見る方法

『同期のサクラ』第1話を見逃してしまった場合に、無料で見るならHulu

『同期のサクラ』第1話を早速見よう!

『同期のサクラ』第1話のネタバレ【ざっくりと】

4人の同期との出会いとサクラの夢

目覚めたサクラは、隣に部屋に住んでいるカップルにうるさいと注意し、魅力的なデザインの建築物を写真に収めながら会社へと向かう。

入社初日から遅刻してしまい、受付で待っていた先輩の火野の案内に従い入社式へと参加する。社長の長い話の中で「遠慮せずに話しかけていただいて、今日の感想を聞かせてほしい」とあり、空気の読めないサクラはその場で感想を述べることに。

話が長い・内容や言葉遣いに間違いがあると指摘してしまい、不穏な空気になりそうであったが、人事部の黒川が上手くフォローしてくれたおかげで場はおさまり、新人研修の話が始まった。

研修期間は3週間で、社会人としてのマナーなどを学びつつ、5人の班で別れて模型作品を提出するといった内容であった。

入社式が終わり外への扉を抜けたサクラは、班員である4人の名前を大きい声で呼び、打ち合わせをしようと誘う。

店選びでごたついたが、サクラの提案でリクエストを聞いてくれる店に向かう5人。食事を始めると、親睦を深めるためにそれぞれが希望部署を話すことに。

  • 月村百合=現場以外の部署
  • 土井連太郎=設計
  • 清水菊夫=自分を必要としてくれる部署
  • 木島葵=都市開発

それぞれが希望部署を話すたびに、大きく感心するサクラ。そんなサクラの希望部署は土木部であり、地元に橋をかけるという夢があることを話す。

 

模型のアイデア

翌日、新人研修のスタート。名刺の渡し方では、「土木部の北野サクラです」と言い、火野にツッコまれる。足場の運び方では、土木部志望らしい力を発揮したサクラに驚く同期一同。

くたくたに疲れ果てた同期達であったが、課題の打ち合わせをしようとサクラに誘われて戸惑うが、仕方なしに再びリクエスト店へと向かう。

模型のアイデアを話し合うがなかなかまとまらず、地元にかける橋というサクラの案でひとまず落ち着いた。

実は既に橋のイメージをスケッチブックに描いていたサクラであったが、あまりにも絵が下手であったため、設計部志望の連太郎にデザインを託す一同。

なかなか納得しないサクラであったが、何度も手直しすることで納得できるデザインに仕上がった。そのデザインを見たサクラは無表情を崩して可愛く笑う。

「笑うんだ…」と連太郎が口にすることで、再び無表情に戻るサクラであった…。

不器用でマイペースなサクラ

次は橋の製作を始める一同だが、カッターで指を軽く切ってしまうサクラの不器用さに呆れる仲間たち。

そんな姿をこっそり覗いていた先輩の火野は、サクラが浮いてないか心配している様子。

色を塗り終えたことで、橋の模型が完成したと思った同期達であったが、「島がない…」と言い始めるサクラ。

材料が無いと言う連太郎に「材料は自分が買ってきます」と返すサクラ。困りつつも買い出しに渋々付き合ってくれることになった同期達。

土曜日に皆で集まり、買い出し後に皆でお茶をしていると、通行人や車を見て急に立ち上がり「人と車がない!」と言い出すサクラ。

すぐさま買い出しに向かうサクラを追いかける同期達であった…。

橋への思い

課題提出の前日、サクラ班の5人はオフィスでジオラマ製作を進める。

「これも仕事なんだよね…」

不満をこぼす百合だが、雰囲気が悪くなる前に菊夫が「みんなは社会人としてやってく自身はあるんすか?」と話を切り出す。

サクラに話を振るも橋の話ばかりをする為、「なんでそんなに橋を架けたいの?」と百合が問いかける。

するとサクラは、「橋があれば両親が死なずに済んだかもしれないので、爺ちゃんが生きているうちにどうしても橋を架けたくて…」と話す。

葵はサクラが話した内容をプレゼンで使いたいと言い、橋への思いや考えを熱く論じると、「感動的だ」とサクラは笑顔になり、皆の雰囲気が穏やかになるのであった…。

仲間たちの怒り

ジオラマが完成し、皆に感謝の言葉を笑顔で言うサクラ。菊夫が「普段からその顔でいてくれないすか?」と言うと、「すいません、本当にうれしくないと笑えないので」と返すサクラ。

なんとか平和に終わったかと思いきや、「非常にまずい。耐荷重が足りない」と言うサクラは、作り直しを提案する。

だから…いい加減にしてくれないかなぁ?

とうとう百合の怒りが爆発。どれだけ迷惑だったか、サクラみたいに生きられる人間なんて1人もいない、仲間でも何でもないと言う。

男性陣も思っていたことは同じだと言い、「もっと大人になろうよ。もう子供じゃないんだからさ」と言われたサクラは、無表情だが悲しげに部屋から出ていく。

 

個人か総意か

模型審査会の当日、その場にサクラはいなかった。

審査が始まり、黒川にサクラの橋に対する思いを話す葵であったが、全く聞くつもりのない黒川。話を遮って橋の耐荷重について指摘する黒川に4人は何も言えない様子…。

黒川が橋を指で押し、壊れそうになったところでサクラが登場し、1人で作ってきた新しい橋と急遽入れ替えることに成功。サクラの指にはたくさんの絆創膏が巻かれてあった。

橋のジオラマは非常に高評価であったが、社長賞に選ばれたのはF班の商業施設。

社長がそう発表すると、入社式の時のように手を挙げるサクラ。

F班の商業施設は忖度によって選ばれたので相応しくない、A班の保育園の方が社長賞に相応しいと言ってしまう。

サクラに対し「それは個人の意見か?それとも、リーダーとして班の意見を述べたのか?」と問う黒川。研修の身でありながら社長の意見に異論を唱えるという事は、内定取り消しという選択もあるぞ、と…。

何も言い返すことのできない4人の班員であったが、「あくまで、私個人の意見です」と言うサクラ。

後悔する10年後の仲間たち

10年後のサクラの病室。

葵「サクラのことを守ってやれなかった」

百合「今ならわかる…どうしてあんなひどい事を言ったのか。やりたいこともなかった自分が恥ずかしくて堪らなかったんだ。」

サクラの眠るベッドの隣には、割れたサクラの眼鏡とリクエスト店で撮った写真があった…

サクラの進む道

研修も終わって所属する部署の決まる日、4人の同期は希望する部署に決まった。

しかしサクラは、クビにはならなかったが人事部に所属することになり、土木部に所属するという目標を叶わなかった。

そんなサクラを心配する同期達に、「私には夢がある、私は自分にしかできないことをやります」と告げ、1人颯爽と帰るのであった。

『同期のサクラ』第1話の感想

・サクラが寝たきりになっている理由とは…?

・仕事仲間にいたら厄介だな~(笑)

・百合が怒鳴るシーンが印象的

『同期のサクラ』第1話 みんなの感想は?【Twitter】

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA