ドラマ

『同期のサクラ』第8話のネタバレ感想!無料で動画を視聴する方法も紹介

同期のサクラ

2019年10月7日から始まった高畑充希主演のドラマ『同期のサクラ』

しろい
しろい
第8話についてまとめてみたよ!

 

【第8話】2016年-入社8年目

 

『同期のサクラ』第8話のあらすじやネタバレ感想、次回のあらすじもまとめております。

見逃した方に向けて、無料で見る方法もご紹介!

 

Huluでは『同期のサクラ』を全話視聴することができます

2週間の無料体験があるので、見逃してしまった・1話から見直したいといった方は、Huluに登録してみてはいかがでしょうか。

『同期のサクラ』を無料で全話視聴!

『同期のサクラ』のキャスト相関図

引用元:相関図|同期のサクラ|日本テレビ

『同期のサクラ』第8話のあらすじ・PV

2019年12月―。サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。

2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。

翌日。百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。

数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

引用元:ストーリー|同期のサクラ|日本テレビ

『同期のサクラ』第8話のネタバレ感想

※あらすじで分かる要素は省いております

 

『同期のサクラ』第8話 みんなの感想は?【Twitter】

 

『同期のサクラ』第9話のあらすじ・PV

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA